FC2ブログ

キラキラ好き

本日、りんふぁです。

集中です!!
なにみてる1

じいいいい ~ っと見ています。
なにみてる2


「なにがいるんだろう?」と思っていたら


なにみてる4
光の玉を見つめてました。


なにみてる3
キョウミシンシン




りんふぁは太陽のキラキラが大好きです。


◇男の子はこういうのにあまり興味を示さないんだけど、我が家の女子はこういうのが大好き。
特にりんふぁはキラキラ好き。
さすがギャル?? あ、もうそんな年齢はすぎてるか。

スポンサーサイト



高みを目指す

手抜き更新。ネタ切れでーす^^




れぐです。




最近のマイブームは高くて不安定なところに昇る!


まずは手始めに液晶TVを攻略

やめてください
「攻略完了♪」


TV液晶フロント部分をよじ登ります(TT)
肉球で昇るので爪は使いませんwww  面白いので動画か写真に撮りたいんだけど、わたしが注目するとやめてしまいます。(たぶん構ってほしいだけ)


やめてください2
たまにチャンネルを変えてくれます。
「アクオスじゃなくてレグザにしてよ」と言ってます^^


まだまだ高い場所攻略中。
ここから上を見上げてうにゃうにゃ鳴くんだけど・・・そこには天井しかない。
いったい、なにを目指しているんだろう?

遊ぶれぐたん

なんだか今年は雨続き。
お天気の日も数時間は雨だったり、毎日ぐずぐずしている北海道です。
農作物の作付にも影響がでているらしく、岩見沢方面ではたまねきが植えられずにいるとか・・・


そんなわけで? 写真も撮れない(暗いから)
過去の写真から没救済してみたりする。
本日は昨年10月頃のれぐたんです。

去年の写真1
ねずみしゃんを狙うれぐたん。
猫トイレドアの中から狙います。


去年写真2
お、反則w 顔だしてるぞ。

そして一気に がぶりんちょ
去年の写真3
うまーw




うまーの時の写真を拡大してみると

去年の写真4
ちょっと恐ろしい(野性味ありますね^^)



最後にねずみしゃんと記念撮影


はい チーズ

去年の写真45

頬ひげ切れるの巻

りんふぁです♪

りんふぁで

かわいいなぁ。


でも よく見てみて。

ほっぺのおひげがね・・・


りんふぁで2

左は立派なのに右はないのw

写真が明るくて見えないわけじゃないのよ。



ほら これならわかるかな? 右側ほっぺ 切れてるし・・・w
りんふぁで3
髭は切れてても大丈夫なのかしら???
お嬢様は意外とやんちゃなのよね。




◇ 本日のすずめっち

本日のぴーちょん
尻尾がおさかなさんみたいでかわいい(旦那曰く)

本日のぴーちょん2

望遠は150mmしか持っていないので、トリミングして更にトリミング。
表情がわかるまであと一歩。くやしいわw ま、ふわふわ毛並みがわかるからいっかー

被害者はどっち

「かえで」と「れぐねり」です。


さてさて・・写真を見てお答えください。



「被害者はどっち?」



設問1
被害者はどっち1

うーん。・・・ これは・・・



かえでさんが・・れぐちゃんにかみついてるぅ・・



ってことで、簡単ですねー^^
正解は・・・
被害者はどっち2
鼻水でちゃったじゃないのよ

被害者はれぐちゃんでした♪






それでは設問2
被害者はどっち3

おおおお  どこからみても なかよしこよし にみえるど?!!(過去の使い回しじゃないよ)







正解は・・
被害者はどっち4
被害者はかえでちゃんでした。れぐに割り込みを食らった模様(^m^)
顔のでかさがこんなに違うのねぇ。。。(遠近法なしよん)


まー 仲良しさんなんでしょうね。


れぐたんは、誰とでも均等に仲良くするおもしろい子です。
え?普通なら「おもしろい」じゃなくて「やさしい」っていうんじゃないかって?(笑)
わたしもそう思いますが・・・・ww なぜか 優しさじゃないみたいでww

それを言葉で説明するのは難しいんだけど・・・



東日本大震災関係  → こちら (救護センター猫舎外周写真UP)


ラジオ福島のHPで「ペット救済情報」がまとめられてます。



避難区域内動物レスキューマップ福島避難区域内でレスキューされた動物たちのマップです。 視覚に訴えてくるのでとてもわかりやすいです。

福島県にペットの救済を要求できます 詳しくはこちらのブログで。 ポスターもあります。
ポスターを載せようかと思ったのですが、電話番号が載っており、被災者以外の方が電話が殺到する可能性もあるためご覧になりたい方はリンク先でお願いいたします。

のぞき穴

さくらです。


お散歩に出たら、必ずやることがあります。


それは何かといいますと・・・  覗き。



お隣さんの庭を覗きますww(ラティスはお隣さんの)

猫ものぞく1
ふむ・・


かわいい顔で覗いてるなぁ。



のぞきこみすぎ
じ~

それは覗きすぎw





覗き終わったら草をいただきます。
終わったら食う

あ、でもその草 お隣さんのですよぉ~~^m^
(後ろに立っている鉄の棒が境界線です)
お隣さん 今年 庭にラティスフェンスが出来ました。
(多分、主に猫さん脱出防止用?)
そんなわけで、今年は「かえで VS お隣猫パンくん」の任侠対決は見られない模様。。。



東日本大震災関係  → こちら (救護センター猫舎外周写真UP)


ラジオ福島のHPで「ペット救済情報」がまとめられてます。



避難区域内動物レスキューマップ福島避難区域内でレスキューされた動物たちのマップです。 視覚に訴えてくるのでとてもわかりやすいです。

福島県にペットの救済を要求できます 詳しくはこちらのブログで。 ポスターもあります。
ポスターを載せようかと思ったのですが、電話番号が載っており、被災者以外の方が電話が殺到する可能性もあるためご覧になりたい方はリンク先でお願いいたします。

雀ぱぱらっち

雀ちゃんと雀君です。ノー猫ディ



 雀男子

おれだよ
毎日ぱぱらっちされてます。



まじ辛いです。


だから

足をすべらす
こんなところまで撮られちまう(足を滑らせてましたww)


あしをすべらす2
ほっとしても表情はわからず(爆)


やはりニュウナイっぽいね
「俺 こんな生活いやだー」
「がまんしなさいよ」




さんは落ち着きがなく、そしてココが好き。
鏡好きはいいんだけど汚れるのよ
昨日きれいにしたばかりなのに・・・(涙) 汚くてすみません。



◇本日撮りたて。わがレンズではこれが限界でした。
そして窓ガラスが汚れてるから微妙に白っぽい(苦笑)
バジリコさんのコメント通り、どうやら雄もニュウナイっぽい気がします。
家雀とは柄が違うかな?

というか・・・前回の写真の子とは違うかも。(調べてみたらほっぺが違いました。 写真

おーい おくさーん どっちが旦那なんだよ~~~(笑)




東日本大震災関係  → こちら (救護センター猫舎外周写真UP)


ラジオ福島のHPで「ペット救済情報」がまとめられてます。


避難区域内動物レスキューマップ福島避難区域内でレスキューされた動物たちのマップです。 視覚に訴えてくるのでとてもわかりやすいです。

福島県にペットの救済を要求できます 詳しくはこちらのブログで。 ポスターもあります。
ポスターを載せようかと思ったのですが、電話番号が載っており、被災者以外の方が電話が殺到する可能性もあるためご覧になりたい方はリンク先でお願いいたします。

れぐたんたん

れぐねりです。


今年の1月の写真なので ちょっとお古です^^

れぐたんです1
いつでもマイペースの彼女

末っ子なのか、不思議ちゃんなのか。


れぐたんです2



れぐたんです3



れぐたんです4


かわいいです。




◇雀続報
パパラッチしているのがばれたのか、窓を覗くと逃げるようになってしまいました(~~)

ようやく撮れたけど、状況証拠写真でしかない^^;(
雀だお
(雨宿り中を室内ガラス越しに普通レンズで撮りました)

やっぱり どう見ても種類が違う2羽ですね。
お散歩時にカメラを向けてもなかなか2羽でフレームに収まる距離に入ってくれません。
ツガイなのか、同じテリトリーで暮らしているだけか、たまの情報交換か(CIAなのか?w)
「おまえんとこの かあちゃん 最近 どうよ」とか話ているだけかもしれません。

って そんなのは鳥の世界にはないかぁ。



東日本大震災関係  → こちら (救護センター猫舎外周写真UP)


ラジオ福島のHPで「ペット救済情報」がまとめられてます。



避難区域内動物レスキューマップ福島避難区域内でレスキューされた動物たちのマップです。 視覚に訴えてくるのでとてもわかりやすいです。

福島県にペットの救済を要求できます 詳しくはこちらのブログで。 ポスターもあります。
ポスターを載せようかと思ったのですが、電話番号が載っており、被災者以外の方が電話が殺到する可能性もあるためご覧になりたい方はリンク先でお願いいたします。

猫以外で

北の大地にもようやく春。



こぶしさく1
ようやくこぶし満開です。
こぶし(写真)初チャレンジです。


ねこやなぎみたい
枝ぶりが模様みたいで大好き。
模様を楽しむには新緑になる前が見ごろなのだ。


ねこやなぎふう
よくみると つぼみはねこやなぎみたい。 毛がぽわぽわしてるんだねぇ。


空にむかって

毎日きれいだったのでちょっと立ち寄り撮ってみました。でも時期はすでに遅し。終わっている花も多かった。
でも楽しかった。



すまない。 猫写真少なくて。
ここはひとつ かえでの黄金もふもふで 勘弁して^^
かえでもふ
かえでの黄金色のもふもふも大好きなのだ。
おいしそうなんだよね。ぷぷぷ




東日本大震災関係  → こちら (大川周辺写真UP)
アニマルエイド 事務局日記
石巻動物救護センター → HP
             ちらし
東北地方太平洋沖地震における迷子犬・猫【福島県・保護されている犬猫情報】

「警戒区域のペットは一時帰宅時に連れ出し出来ます。」

警戒区域のペットは一時帰宅時に連れ出し出来ます

「警戒区域のペットは一時帰宅時に連れ出し出来ます。」




すみません。急遽 この内容をお伝えしたくUPしました。
---以下転記---  詳細はリンクからご確認ください。--

以下は、一時帰宅の際に飼い主がペットを連れ出す時の「札幌弁護士会」指導のもとで作成した問答例です。飼い主さんは参考にして下さい。

行政側「一時帰宅でペットを連れ出してはだめだ。」
飼い主(飼い主が委託した人)「なんでだめなんですか」
行政側「国が禁止と言っている。放射能汚染とか、人命の安全優先のためだ。」

飼い主「いかなる法令に基づくのですか?一時帰宅の飼い主のペットの連れ出し禁止について「根拠」の書かれた決定事項の記載された正式文書はありますか?福島県にも確認してしっかり調べてもらいましたが本日まで「根拠」の記載された国の文書はありません。ですので、正当な根拠無くおっしゃってる事ですよね。5月2日に日弁連に、5月4日と、5月7日に札幌弁護士会の担当弁護士に飼い主の一時帰宅時のペット連れ出しについて、元自治体職員の飼い主代理が、詳しく法律について確認し、指導を受けた。ペット連れ出し禁止が国からか伝えられたとしてもその根拠の示された各市町村長宛の国からの正式な納得がいく「根拠」を示した文書がなければ、飼い主に対してペットを持ち出すなと他人や行政がその飼い主の権利を侵害する法的効力はない。

ペット連れ出しがダメだと言うのは、それは何の法令ですか。示してください。こちらでは既にペット連れ出しに関する文書履歴や法令を弁護士と確認済みです。正式な文書が無いのなら、法令も根拠も無い事を言われているのですね。それでは法律上、飼い主は貴方や行政には、したがわなくなくて良い事になります。私は自分の物(ペット)に所有権があり、持ちだすだけです。法的には何の問題も無い。弁護士会の弁護士が直接電話をしてもらえば説明してくれます。平成23年4月23日付け文書の原子力災害現地対策本部長が発行した「警戒区域への一時立入許可基準」の8の(5)には「ペットについては、別途検討し、原子力災害現地対策本部長が実施のための計画を別 に定めるものとする。 」と記載があるがその計画は現在迄何も正式に出されていない。同じく5月7日の「住民の一時立入りの実施について」の 「5.一時立入りに関する注意事項 」の 「ペット、家畜、食品等を持ち出すことはできません。」とあるがその「根拠」や「理由」が全く記載されていないのはおかしい。札幌弁護士会と日弁連に警戒区域の飼い主のペット連れ出しについて次のとおり確認している。『国や行政が、飼い主のペット持ち出しを止める権利は現在の法律では認められない。』との事。
飼い主が一時帰宅で連れ出したペットはきちんと放射能の測定もしますし、除染もします。必要ならば今測って下さい。飼い主の物として、必要ならば後の報告もします。動物は弱っていて「既に一刻を争う命」です。あと1日も持ちません。保護団体さんにたのんで緊急に獣医さんに診てもらいたい。預け先も確保します。衰弱している動物を飼い主が放置し適切なケアをしないことは、動物愛護法違反となり、それを法令の根拠無く無理強いする人は動物愛護法に抵触する可能性があります。行政にもだれにも飼い主の物であるペットの持ち出しを禁止する正当性は現在無いはず。「これに異論があるなら、直接弁護士と話して下さい。」
とペット連れ出しを止める行政や自衛官、警察に伝えて、連れ出しや救助を認めない場合は現地から電話がつながる弁護士会に直接電話して下さい。
【ペットの預かり相談や保護を受け付けている団体の一例】
※当方と直接関係はない団体さんですが住民の傾けに掲載の許可をいただきました。
 一般社団法人UKCジャパン  TEL:0467-84-7456
 一般社団法人アニマルエイド TEL080-4422-2090
 犬猫救済の輪 

---(以下略)---

ペット連れ出しは行政には許可されていない。
被災者は、なぜか弱い立場にある。本来は被害者であり、訴えることができる立場であるはずなのに。
おかしな話です。
ドメスティックバイオレンスと似てますね。

心が弱っている被災者の方々が、こんな主張が出来るでしょうか。
もちろん、できる強い方もいらっしゃいます。
でも、出来ない方もたくさんいると思います。

この情報を基に、ボランティアでもなにかできるはず。






東日本大震災関係  → こちら (大川周辺写真UP)
アニマルエイド 事務局日記
石巻動物救護センター → HP
             ちらし
東北地方太平洋沖地震における迷子犬・猫【福島県・保護されている犬猫情報】

該当の記事は見つかりませんでした。