FC2ブログ

くるりんふぁ

りんふぁがくるりん


くるりんふぁ1

くるりんふぁ(くるりんぱ)





すやすや
くるりんふぁ2





くるりんふぁ3


天気がいいと気持ちがよいのです


くるりんふぁ4

あくびひとつでも大満足




報告するのもおこがましいのですが、我が家に新しい子(カメラ)がやってまいりました。
「にゃーちゃん 激動の一年おつかれちゃん」と言ってみずからぽちっと(爆)

やってきたのはあちこちで新発売されているキャッチーな子・・・ではなく!すでに生産終了したらしいNIKKON D600(現在D601が発売中・・・)
レンズも超格安AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G とりあえずこれ1本だけ(^^)
「次カメラを買うときはコスパは考えず一生物を買おう!」なーんて思っておりましたが、所詮それは無理なわけで結局お財布とご相談。そのお財布にもかなりの無理をさせてしまいました。

ま、そんな事情はさておきww 軽量型とはいえ超あこがれのフルサイズカメラです。(ホントはD800がほしかった)
そして脱フォーサイズ、少々おさらばオリンパス(いや、まだ使いますけどね)


使い始めの感想としては・・・・

フルサイズ?だから? カメラのビュアーで確認する写真はとてもきれいな気がする。描写力が格段に違う気がします。(あくまでも感覚ですw)
写真をお見せしてもそれが表れないとしたら、それはシビアなピントと手ぶれ?のせい。


ピントは非常に難しい。
ピント合わせだけでも一苦労です。
オートフォーカスなのでどこかにピントがあっているのですが、望むところにあわない「ピン間違い」多発(TT)
いままでとは、ピントがあったよお知らせもフォーカスロック(ピント固定)のやり方も違う。
ロックしたつもりで構図をあわせるとピン違い。

ViewNXという編集ソフトでピントの位置が確認できる機能があるのですが、これがまたおもしろいのであります。
「これはぴったり」と思ったピントも、ソフトに言わせると「猫の首」だったり、「背景の一部」だったり。
フォーカスロックが出来ずに中央の誰もいないところにピントがあっていたりww
どこにあわせているのか・・・自分。(さくらさんのマトリョーシカあたりからNIKKONなんですが、あの写真は首ピンですw)
これは慣れるしかないですね。ピントの練習。
後は、オリの時はカメラ任せだったいろんな機能もある程度使いこなさないとカメラのすばらしさについていけないということがわかりました。
そういう意味で上級機かも。


オリンパス本体には付いていた手ぶれ防止機能も、NIKKONやCANONにはついていない。
でもそれに関してはあまり問題はないみたいです。
フォーサーズじゃないので背景もよりボケやすくなった分、ピントがシビアというのが今一番の課題かな。

今後写真はオリとニコンの混合で行きたいと思います。
E-30は大好きなのよ。だからこれからも使いたいでーす。




VSさくら

かえでです。

VSさくら1



VSさくら2

あ、さくらだ




VSさくら3

や、やめろよ




VSさくら4

わ~~





VSさくら5

意味不明な行動・・・・



しかし・・でかいでしょ?さくらさん

なにが詰まっているんでしょう。

ちなみに、さくらさんの柄、縞ではなくて斑点状。
胴体が微妙なのは、縞がはちきれたわけではないのであしからず(^m^)



該当の記事は見つかりませんでした。